彼岸の亀の世迷言

アクセスカウンタ

zoom RSS SoulsMemory制作記Vol5 〜体験版遅延の言い訳〜

<<   作成日時 : 2014/09/25 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この前からツイッターやここで「体験版が――」と言うことが多くなり、
ついさっきもツイッターで「最後の準備に入ります!」とか宣言しちゃったわけですが、


ごめんなさい


やっぱり今日も公開できません。
ツイッターでだらだら理由垂れ流すのもあれなのでここに書いときます。


まず、今日まで伸びに伸びた理由ですが、大部分がシステムの不具合です。
ここ数日頻繁にバージョンアップしていましたが、あれがまさにそう。
(ちなみに次期バージョンであるVer2.56も既に公開準備に入っています)

これでいいだろー → 配布データ作成 → 開始数十秒で不具合発見

数十秒とは言わなくとも、テストプレイしていると不具合が出てくるんですよね。
しかもその不具合の理由がよくわからずに、ひとつ直すだけで数時間かかってしまい。
Ver2.55で大幅に手を加えた、マップ上のユニット画像回りなどはそれだけで半日潰すほどでした。
次期バージョンで改善される、投擲攻撃の軌道が一部乱れることがある問題も、前からご報告いただいていたのに結局今日まで直せなかったり。


次に、上の度重なる更新も関係するのですが、敵AIが途中で賢くなってしまったことと、当初は予定になかった、いくつかの難易度を実装したこと。

画像


ストーリー自体が一本道なので下手な難易度調整だとつまらなくなるという考えから難易度を4段階に分けています。実際こうして難易度をあらかじめ段階的に決めておいた方が調整しやすく感じましたし。
AI改善後、実際にテストプレイしてみると思ったより挙動が変わる敵がいて、その分難易度の再調整に時間を取られました。

体験版の範囲を最初から最後まで遊ぶとだいたい2時間程度、
シナリオスキップして1時間弱と言ったところですが、
AIの不具合を直すたび最初から全難易度を点検していたため膨大な時間を取られています。
1日にいったい何周したことやら……


3つ目の理由ですが、
難易度もそうですが、予定になかったシステムなどをいくつか追加したこと。
”SRPGシステム”は確かにできましたが、この作品の個性、オリジナル要素というものを感じられなくて、世界観にそこそこ則したようなシステムを後付しています。
他にも、体験版クリア後要素の追加など。
先ほどツイッターにアップした

画像


これがその一部です。
折角体験版を遊んでいただいたのだし、何か体験版ならではの要素を……と思いついたものを突っ込んでみたのですが、これが曲者で。


最後に、容量の問題。
前々からBGMフォルダなどがそれなりの容量で、体験版だけで90MBほどあったのですが、
今日TL上で容量の話題が上がってから急遽BGMの容量削減決行を決意。
これが今日公開を中止した理由です。

何も考えずにせっせとoggファイルを集めていた自分が悪いのですよ……
MIDIの方が軽いだなんて、どこかで聞いた気がするけどすっかり頭から抜けてて……
というわけでBGMファイル差し替えを決行することに。
大したファイル数でなければこのままでもいいのですが、正式版では圧縮前のBGMフォルダだけで150MB(Dataフォルダ全体で200MBほど)なのでさすがに無視できません。


でも、後はBGMファイル差し替えれば本当に体験版完成なので、
BGM再収集作業がきちんと進めば明日には本当に公開できると思います。


今度こそ延期は避けられませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SoulsMemory制作記Vol5 〜体験版遅延の言い訳〜 彼岸の亀の世迷言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる