彼岸の亀の世迷言

アクセスカウンタ

zoom RSS SoulsMemory制作記Vol6

<<   作成日時 : 2014/10/18 18:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

体験版公開以降の制作状況などを。


まず初めに、
ついに制作時間が800時間を突破しました。

画像


左側がウディタを実際に触っていた時間、
右のかっこの中がCSVファイル編集や素材探し・加工などの、ウディタを触っていない作業時間です。
裏作業しているのにウディタを起動してなかったり、起動したままネットサーフィンしてたこともあるので正確ではないですが、どっこいどっこいでしょう。

しかし、時間がかさむばかりで作業はあまり進んでいません。


全体の進捗は2章の1/3まで終わったところ。
体験版公開からもうそろそろ一月ですが、その割にはシナリオはほとんど進んでいません。

代わりに、体験版では実装できていなかった、汎用クラスを実装しました。

汎用クラスの数や扱いは少し悩んだのですが、以下のような感じにまとまりました。
・(前提)シナリオ中で登場するユニットたちはそれぞれが専用クラスを持つ。
・上記ユニットたちは専用クラスに加え汎用クラスにもなれる。
・シナリオに関係しない、いわゆるモブユニットは汎用クラスのみを持つ。
・汎用クラスは31種類。初級、中級、上級クラスに分かれる。
・中級、上級クラスは前提となるクラスのレベルが一定以上ある必要がある。ユニットレベルやステータスは無関係。
・初級クラスは、モブユニットは最初から使用可能。それ以外は1番目の専用クラスのレベルを2にする必要がある。

汎用クラスについていろいろ考えているうちに種類が膨れ上がってしまいましたが、
それぞれに個性があり、専用クラスとも(主にスキルや装備で)大体は差別化できているのでゴーサイン。


汎用クラスのデータ作成にも時間を取られたのですが、もう一つ大きく時間を取られた要因が。

元となっているタクティクスオウガやFFTにもいた、無限復活する敵、アンデッド。
当然このゲームにも出現します。

2章のとあるボスマップで、ボスの取り巻きとして現れるこのアンデッドたち。

画像


味方は動きづらい地形、でも敵はすべて浮遊系なので影響なし。
無限復活するアンデッド群。
仕様だけどやたら回避率の高いボスユニット。

このマップの調整にものすごく時間がかかりました。
取り巻きはそこまで強くないのに、無限に蘇生してきて処理がとっても面倒。
起き上がって攻撃してくるだけならともかく、移動を阻害してくれるのでストレスマッハ。

相当やり直しながらある程度落としどころを見つけられましたが、ここまでのマップをサクサク消化できるよう心がけながら調整してきているので、このマップでストレスたまるだろうなー、という感じに。
ボスマップだし、もともとSRPGって戦闘に時間のかかるジャンルだし、このマップは敵ボスに有利なマップにしたかったし、ある程度は仕方ないと思いますけどね。

このマップのやり直しが面倒になってリトライ機能を実装したりも。
戦闘開始イベントからやり直すようにしたのですが、
このイベントの中で敵データを作ったりしてるので調整作業がちょっと楽になりました。


できれば今月中に2章完成させたいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SoulsMemory制作記Vol6 彼岸の亀の世迷言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる